清水富美加さんの事務所契約解除は「契約違反」?

こんにちは、弁護士の江川剛です。

本記事のテーマ

本記事は、清水富美加さんの事務所契約解除は「契約違反」?というテーマについて書いています。

江川剛の視点

信仰の自由は他者に迷惑をかけない限りは保障されるべきものです。

今回の件は清水富美加さんやプロダクションが契約違反に問われるのはやむを得ないと思います。

また、幸福の科学教団がそれらの契約違反を後押ししたとすれば、幸福の科学教団も問題視されるべきです。

報道によると、清水さんは親御さんの代からの幸福の科学教団の信者さんのようです。

清水さんはまだ22歳とお若いのに、確固たる信念をお持ちのようです。
もしそれが、ご両親の影響だとしたら、少し心配になってしまいます。

個人の信仰は個々人が決めることではありますが、様々な判断能力に限界がある子どもにはなかなか判断できないことだと思われるからです。

世間一般の方が抱かれる違和感も、その辺りからくるものではないかと思います。
世の中には様々な宗教、宗派がありますし、そのどれが優れているとか、劣っているとか評価するのはなかなか難しいものです。

ただ少くとも、自由な意思決定を制限するようなものには気をつけましょう。

ニュース要約

女優の清水富美加(ふみか)さん(22)が所属事務所との契約を解除し、信仰する宗教団体「幸福の科学」の活動に専念する意向を持っていることがわかった。関係者によると、本人が弁護士とともに所属事務所に対し、出家することを伝えたという。

出典:清水富美加さん、事務所との契約解除 幸福の科学へ(朝日新聞デジタル、2017年02月12日)
http://www.asahi.com/articles/ASK2D44TNK2DUCVL002.html

関連記事

  1. 起業セミナー称しマルチ商法勧誘法教え「特定商取引法違反」
  2. 起業後のうまい話にご注意!ママレンの金銭トラブル
  3. キングコング西野亮廣氏の「絵本無料公開」と「販売権」
  4. 法律を破った方が得をするという本末転倒な事態

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP