オウム真理教事件に関する江川剛の見解、夕刊フジ・産経ニュースに掲載

「オウム真理教事件」に関する江川剛の見解が以下のメディアに掲載されました。

zakzak(夕刊フジ公式サイト)

カルト宗教に関する裁判を手がけた経験をもつ江川剛弁護士は一般論としたうえで、「新興宗教は教祖の死をきっかけに分裂・細分化する可能性がある」と指摘。その後に、「求心力のよりどころとして教祖の血縁である人物の取り合いや教祖の遺骨の奪い合いに発展することもある。遺骨の所有者の住宅に忍び込み、遺骨を奪うなど事件に発展する可能性も否めない」と懸念する。

出典:麻原元死刑囚の遺骨争奪戦 “殺人教典”の存在判明、報復テロ厳戒 残り6人週明け死刑執行も(2018年7月8日:zakzak-夕刊フジ公式サイト)

産経ニュース

カルト宗教に関する裁判を手がけた江川剛(ごう)弁護士は「遺骨の引き渡しを求める活動自体が後継団体の活動を盛り上げることになりかねない」と指摘する。

出典:麻原元死刑囚の遺骨 四女が引き取り意向も専門家は事件を懸念(2018年7月11日:産経ニュース)

PAGE TOP